家庭教師センター比較トップページ

家庭教師探しで一番大事なのは体験授業

体験授業は家庭教師センターを選ぶ際の最も重要なポイント

体験授業に来た家庭教師が実際の指導も担当する事ができるかどうかは本当に重要なポイントです。学校でも同じ事が言えますが、先生との相性によってその教科が好きになったり嫌いになったりした経験は、誰にでも思い当たるのではないでしょうか。

体験授業で確認しなくてはいけないのは、その相性です。

人間性はどうなのか?
教え方はどうなのか?

本当に生徒に合った先生なのかをチェックしてから始めないと後で大変な後悔をしかねません。
高い月謝を払って家庭教師を頼むのですからあたり前の要求はしっかりとするべきです。

だからこそ、

実際に担当する家庭教師で体験授業が出来ない会社は???

と感じてしまうのも当然ですよね?

実際の家庭教師で体験授業をしない理由のほとんどは会社都合

家庭教師センターの都合としては、入会するかしないか分からない家庭に対して家庭教師を選考するのはリスクがあります。せっかく時間とコストを掛けても断られてしまったら無駄になってしまうからです。

もうひとつの側面は、一部の家庭教師センターにとって体験授業は営業活動の一環であるということです。そういう会社では体験授業専門の特別に訓練された大学生を何人も抱えています。子どもの扱いが上手く、システム説明など本来は社員がするようなことまで訓練されています。体験授業に来た学生が入会金まで預かろうとしたら、ほとんどこのケースです。

見破り方としては、「あなたが担当してくれるなら入会する」と言ってみてください。「僕が責任を持って選びますから信じてください」とか「僕も候補の一人ですが教務部が最終決定するので確約は出来ません」などと言い訳をして逃げようとするはずです。