家庭教師センター比較トップページ

家庭教師センターの3つのタイプ

家庭教師センターは、以下の3つのタイプに分類されます。

タイプ1: 高額教材が必ずセットで付いてくる家庭教師センター

家庭教師センターとうたいながら、高額な教材を販売することをメインの目的とする会社です。
指導料がかなり安く設定されていることが多く、学生と2,000位の時給で直接やり取りしてくれといわれます。会社は教材のローンで儲けるので契約後の指導に関するフォローは一切ありません。 以前はこういう会社がたくさんあり、今でも一時期ほどの数はありませんが、何社か生き残っているようです。電話で勧誘してくることが多く、「無料体験指導」と称して学生風の営業マンが訪問してきます。ですので、やたらと訪問したがる会社には注意が必要です。

>>これを知っていれば騙されない!教材販売会社の見分け方

タイプ2: 仲介、斡旋業者

これは最初の紹介料だけで運営する家庭教師センター。いわゆる家庭教師の個人契約サイトなどがこれに当たります。夫婦二人でやっているようなサイトや学生が趣味で作ったような小さなサイトが多いが、なかには大手の家庭教師センターが副業的に運営しているサイトもあります。これは紹介できずに余った家庭教師を安くてもいいから売ってしまおうという発想のようです。

このような仲介、斡旋業者を使うメリットは、指導料を家庭教師と直接やり取りするため比較的安く付くことですが、個人の家庭教師に頼んだ場合と同じく、トラブルになったときなど間に入る人がいないのがネックです。また会ってみるまでどんな家庭教師か分からないという不安もあります。

>>徹底比較① 個人家庭教師 VS 家庭教師センター

タイプ3: 管理やアフターフォローをウリにする家庭教師センター

指導料は前出の2つにくらべ多少割高ですが、家庭教師の研修、進路相談、受験情報の提供、クレーム窓口などがあるので安心感はあります。家庭教師と相性が合わない場合は変更してくれる会社がほとんどです。ただ、こういったサービスをうたっておきながら、ほとんど何もしないような家庭教師センターもあるので慎重な見極めが必要です。

>>家庭に良心的な家庭教師センターの共通点